<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 27日

飛行機三昧 成田空港

飛行機の撮影をするために一眼レフD80を手にしてちょうど1年。
久しぶりに成田空港へ。
f0147385_2233035.jpg

f0147385_2254884.jpg
f0147385_2261185.jpg
f0147385_2262358.jpg
f0147385_2263823.jpg
f0147385_2264832.jpg

【 D80 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) 】
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-27 22:16 | 成田国際空港
2008年 01月 26日

冬至梅 湯島天満宮

TAMRONの90mmマクロレンズを購入。さっそく花のアップ写真の撮影練習をするため、境内の梅の花が有名な、湯島天満宮へ。早咲きの冬至梅が咲き始めていました。
手持ちで撮ったためピントが甘くなっています。
f0147385_22353542.jpg

【 D80 + SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 】
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-26 22:30 |
2008年 01月 14日

房総 鋸南 水仙ロード

内房にある「鋸南町水仙ロード」へ行ってきました。 鋸南町は、越前、淡路と並ぶ、日本三大水仙群生地。山の斜面や休耕田を利用して栽培された数千万本の水仙を、 香りを楽しみながら散策できました。気の早い梅も咲いていました。
f0147385_2242054.jpg

f0147385_22423081.jpg


【初梅】
f0147385_22462058.jpg

[PR]

by tphotlabo | 2008-01-14 22:48 |
2008年 01月 04日

房総・館山・南房 水平線に沈む夕日

水平線に太陽が沈む瞬間を切り取るために房総の外房・舘山へ。洲ノ崎灯台を通り過ぎ、房総南西部の海岸線を走る房総フラワーラインを白浜方面へ。奥に水平線に沈む太陽、手前に砂浜または岩場を入れた構図で撮影できそうな場所を探す。何気なく立ち寄った伊戸港に隣接した駐車場から海を眺めると、水平線、手前に岩場、さらに船を入れた構図で撮影が可能なことを発見。伊戸港からは、正面に伊豆大島、右隣に伊豆半島が一望できました。伊豆大島がこんなに近くに見えるとは。
f0147385_14453137.jpg

f0147385_14455135.jpg

f0147385_1446913.jpg

f0147385_14462854.jpg

f0147385_14464923.jpg

[PR]

by tphotlabo | 2008-01-04 20:42 | 風景・夜景
2008年 01月 03日

木曽路はすべて山の中である 馬篭

1泊2日で中央アルプス・駒ケ岳ロープウェイの千畳敷カールと中山道の宿場町として有名な岐阜県中津川市の「馬篭宿」と長野県南木曽町の「妻籠宿」に行ってきました。
馬篭宿はその昔、江戸と京とを結ぶ街道中山道の木曽路の入り口に位置し、山の斜面に沿った全長600m余りの「坂に開けた宿場」です。
妻籠宿は、木曽路十一宿の中でもとりわけ江戸時代の面影を色濃く残している宿場町です。

馬篭→妻籠→塩尻と木曽路を車で走りましたが、馬篭出身である島崎藤村の有名な長編小説「夜明け前」の「木曽路はすべて山の中である」、そのものでした。

馬篭
f0147385_12105354.jpg

f0147385_12111398.jpg

妻籠
f0147385_12262759.jpg

f0147385_12264639.jpg

f0147385_1227429.jpg

[PR]

by tphotlabo | 2008-01-03 12:04 | 風景・夜景
2008年 01月 03日

中央アルプス・千畳敷カール ご来光に染まる南アルプス・富士山

中央アルプス・千畳敷カールの標高2611mにあるホテル千畳敷に一泊。早朝6時30分に、館内放送で30分後に日の出ですと館内放送がありました。7時ジャスト富士山山頂から太陽がが昇ってきました。気温マイナス13.5度の厳寒のなか宿泊者全員がホテルの外に出てご来光を拝んでいました。
f0147385_9565156.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)]
ダイヤモンドダストがキラキラと輝いています。
f0147385_1001936.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)]
霧氷
f0147385_1011015.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-03 07:03 | 風景・夜景
2008年 01月 02日

中央アルプス・千畳敷カール 夕日に染まる南アルプス・富士山

一度千畳敷ホテルの部屋に入って冷えた体を温めていたら、部屋の窓から南アルプスと富士山がだんだんと夕陽に染まり赤くなっていくのが見えます。再度、気温マイナス13度の外へ。
f0147385_131215.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) ]
f0147385_1314321.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF) ]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-02 23:41 | 風景・夜景
2008年 01月 02日

中央アルプス・千畳敷カールの真冬の雪景色

駒ケ岳ロープウェイを降りると、宝剣岳(標高2931m)の麓に千畳敷カールが目の前に広がります。千畳敷カールは太古の昔、氷河期時代の名残で、氷河が削り取ったすり鉢状の窪地だそうです。
f0147385_044786.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
f0147385_0444248.jpg

[D80+AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-02 23:29 | 風景・夜景
2008年 01月 02日

雲上の世界に広がる中央アルプス千畳敷カールは絶景でした

雲上の別世界を目指し、中央アルプス千畳敷カール(標高2611m)へ。
駒ヶ根インターチェンジから国道75号線に入りインターから少しの所に菅の台バスセンターがあります。ここから先は車の乗り入れができないので、駐車場に車を置いてバスで駒ケ岳ロープウェイの起点駅のしらび平駅(標高1661m)まで向かいます。ハイシーズン時には3時間待ちが当たり前の駒ケ岳ロープウェイですが、今回は乗車待ちすることなく、高低差約950mを一気に駆け上がり標高2611mの千畳敷カールに到達しました。
千畳敷カールはきれいな雪に覆われ白銀の世界が広がっていました。到着した時には、ちょっとガスがでていて見晴らしが良くなかったのですが、しばらくするとガスが晴れて、眼下に駒ケ根市、遠方に白銀の南アルプス連峰や富士山を一望することができました。気温マイナス13度という極寒にめげずに約2時間写真を撮るのに夢中になっていました。
f0147385_2343782.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
f0147385_2327532.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
f0147385_2327243.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-02 23:23 | 風景・夜景
2008年 01月 02日

冬景色 つらら

駒ケ岳千畳敷カールをめざし、駒ケ岳ロープウェイ行きのバスを菅の台バスセンターにて。この後、駒ケ岳ロープウェイに乗って一気に標高2612mへ。
f0147385_22575149.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-02 19:16 | 風景・夜景