2008年 01月 03日

木曽路はすべて山の中である 馬篭

1泊2日で中央アルプス・駒ケ岳ロープウェイの千畳敷カールと中山道の宿場町として有名な岐阜県中津川市の「馬篭宿」と長野県南木曽町の「妻籠宿」に行ってきました。
馬篭宿はその昔、江戸と京とを結ぶ街道中山道の木曽路の入り口に位置し、山の斜面に沿った全長600m余りの「坂に開けた宿場」です。
妻籠宿は、木曽路十一宿の中でもとりわけ江戸時代の面影を色濃く残している宿場町です。

馬篭→妻籠→塩尻と木曽路を車で走りましたが、馬篭出身である島崎藤村の有名な長編小説「夜明け前」の「木曽路はすべて山の中である」、そのものでした。

馬篭
f0147385_12105354.jpg

f0147385_12111398.jpg

妻籠
f0147385_12262759.jpg

f0147385_12264639.jpg

f0147385_1227429.jpg

[PR]

by tphotlabo | 2008-01-03 12:04 | 風景・夜景


<< 房総・館山・南房 水平線に沈む夕日      中央アルプス・千畳敷カール ご... >>