2008年 01月 02日

雲上の世界に広がる中央アルプス千畳敷カールは絶景でした

雲上の別世界を目指し、中央アルプス千畳敷カール(標高2611m)へ。
駒ヶ根インターチェンジから国道75号線に入りインターから少しの所に菅の台バスセンターがあります。ここから先は車の乗り入れができないので、駐車場に車を置いてバスで駒ケ岳ロープウェイの起点駅のしらび平駅(標高1661m)まで向かいます。ハイシーズン時には3時間待ちが当たり前の駒ケ岳ロープウェイですが、今回は乗車待ちすることなく、高低差約950mを一気に駆け上がり標高2611mの千畳敷カールに到達しました。
千畳敷カールはきれいな雪に覆われ白銀の世界が広がっていました。到着した時には、ちょっとガスがでていて見晴らしが良くなかったのですが、しばらくするとガスが晴れて、眼下に駒ケ根市、遠方に白銀の南アルプス連峰や富士山を一望することができました。気温マイナス13度という極寒にめげずに約2時間写真を撮るのに夢中になっていました。
f0147385_2343782.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
f0147385_2327532.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
f0147385_2327243.jpg

[D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5G(IF)]
[PR]

by tphotlabo | 2008-01-02 23:23 | 風景・夜景


<< 中央アルプス・千畳敷カールの真...      冬景色 つらら >>